• ホーム
  • 実際の効果はどんなもの?モーニングアフターピルの持つ力について

実際の効果はどんなもの?モーニングアフターピルの持つ力について

モーニングアフターピルとは、望まない性交渉やコンドームが破れたり外れてしまったりして避妊に失敗した場合の緊急対応として使用する緊急避妊薬でございます。別名で事後避妊薬と呼ばれることもあります。望まれない妊娠を防ぐために開発されたお薬です。正しく利用すれば100パーセントに近いかなりの高確率で望まれない妊娠を防ぐことができるお薬ある。

モーニングアフターピルは排卵抑制、受精抑制、受精卵の着床防止などの効果を持っています。これらの効果によって避妊を実現するお薬となっています。そのため、モーニングアフターピルは受精卵が着床する前に服用する必要があります。比較的、値段は高いお薬ですが産婦人科などで問診を受けた後に処方してもらえるようになるようです。

何らかの理由によってモーニングアフターピルを服用した場合、生理が早まることがあります。逆になかには稀に生理が遅れる人もいるようである。モーニングアフターピルを服用後、自分自身の身体に何かしらの異常を感じた場合は自己判断で対処してはいけません。速やかに処方してくれた医師に相談して指示を仰ぎましょう。

このように緊急事態に対応できて望まぬ妊娠も未然に防ぐことができるモーニングアフターピルですが、だからといって気軽に利用するのはおすすめできません。一般的なお薬と比べて値段も高いため、あくまでも緊急事態のときのみ利用するお薬として認識しておくとよいでしょう。もし、避妊に失敗した場合はこのようなお薬があるということを頭の片隅に入れておくだけでも、いざというときに役立つかもしれません。

尚、モーニングアフターピルを使用したものの避妊に失敗した場合でも、産まれてくる赤ちゃんに障害が残る等の報告はありません。不妊症や後遺症などの心配もなく、多くの場合、まったく副作用が出ない人がほとんどですが、なかには服用に伴い吐き気や嘔吐、頭痛などの症状が出る人もいるようです。

モーニングアフターピルは正しい用法と用量で使用すれば安全なお薬ですが、なかには危険な偽物のアフターピルというものもあります。偽物のアフターピルはそもそも効果が無かったり思わぬ副作用があったりして非常に危険でございます。そのため、モーニングアフターピルを使用する場合は信頼できるところから入手することを心がける必要があります。モーニングアフターピルについては通信販売ではなく信頼できる産婦人科などで入手するのが安全でおすすめです。

関連記事
知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について 2019年12月13日

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと言っても聞き慣れないかもしれませんが、これは個人で海外代行している通販サイトのことです。最初だけ購入方法を覚えなければいけないかもしれません...

知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について 2019年12月13日

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと言っても聞き慣れないかもしれませんが、これは個人で海外代行している通販サイトのことです。最初だけ購入方法を覚えなければいけないかもしれません...

避妊を失敗してしまったとき、モーニングアフターピルを服用するタイミング 2020年01月16日

お薬全般に言えることですが、服用するタイミングは重要です。そのなかでもモーニングアフターピルは緊急避妊薬ということもあり、服用するタイミングが特に重要となるお薬です。使用する場合は服用するタイミングに気をつけなければなりません。タイミングを間違えないように注意していきましょう。モーニングアフターピル...

避妊を失敗してしまったとき、モーニングアフターピルを服用するタイミング 2020年01月16日

お薬全般に言えることですが、服用するタイミングは重要です。そのなかでもモーニングアフターピルは緊急避妊薬ということもあり、服用するタイミングが特に重要となるお薬です。使用する場合は服用するタイミングに気をつけなければなりません。タイミングを間違えないように注意していきましょう。モーニングアフターピル...

ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35 2019年11月27日

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が小柄なアジア人向けに開発されたお薬としても知られています。そのため、日本人も安心して利用しやすいお薬です。ジネット35の外見は薄い黄色の小さ...

ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35 2019年11月27日

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が小柄なアジア人向けに開発されたお薬としても知られています。そのため、日本人も安心して利用しやすいお薬です。ジネット35の外見は薄い黄色の小さ...

ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること 2019年11月10日

通常、ジネット35は経口で服用するお薬ですが、服用する際にはその使い方を事前にしっかり知っておく必要があります。お薬の効果を最大限に発揮するためにも服用を開始する前に特性や使い方などは頭に入れておきましょう。ジネット35は服用する上で注意すべき点があります。それは飲み忘れに気をつけることです。これは...

ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること 2019年11月10日

通常、ジネット35は経口で服用するお薬ですが、服用する際にはその使い方を事前にしっかり知っておく必要があります。お薬の効果を最大限に発揮するためにも服用を開始する前に特性や使い方などは頭に入れておきましょう。ジネット35は服用する上で注意すべき点があります。それは飲み忘れに気をつけることです。これは...

低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい 2019年10月27日

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発売されています。そのような状況もあり、今のところ、日本よりもアメリカのほうが低用量ピルは種類が豊富で使いやすいのが現状であります。多くの種類...

低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい 2019年10月27日

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発売されています。そのような状況もあり、今のところ、日本よりもアメリカのほうが低用量ピルは種類が豊富で使いやすいのが現状であります。多くの種類...