• ホーム
  • ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること

ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること

微笑む女性

通常、ジネット35は経口で服用するお薬ですが、服用する際にはその使い方を事前にしっかり知っておく必要があります。お薬の効果を最大限に発揮するためにも服用を開始する前に特性や使い方などは頭に入れておきましょう。

ジネット35は服用する上で注意すべき点があります。それは飲み忘れに気をつけることです。これは飲み忘れると不正出血が起こりやすくなるという特徴があるためです。お薬の服用中に飲み忘れてしまったという経験は誰しもがあるかと思いますが、ジネット35を服用中は極力、飲み忘れをしないように注意する必要があります。さらにジネット35は飲み忘れをしないだけではなく、可能であれば毎回決まった時間に服用するのが理想的です。

ジネット35は1日に1錠を21日間、毎日欠かさず服用します。タイミングとしては、出来るだけ生理初日から服用する事ができるとベストです。何れのタイミングでも服用中に身体に異変を感じたり、副作用と思われる症状を感じたりした場合は自己判断せず、医師の診断を受けることも検討しましょう。ジネット35の服用で考えられる代表的な副作用としては吐き気、嘔吐、血圧の上昇、胃腸障害、下腹部の痛み、乳房の張りなどがあります。

副作用には個人差がありますが大抵の場合、万一副作用が起こったとしても2ヶ月から3ヶ月続けて服用すれば身体が慣れて副作用も出にくくなっていきます。しかし、3ヶ月以上経過しても副作用が収まらなかったり、副作用の症状が強くなっていくようであれば病院に行って診察を受けましょう。尚、服用後はふらつくことがあるため、運転や高所での作業に注意する必要があります。

また、ジネット35を避妊薬として服用中に飲み忘れてしまった場合、飲み忘れから12時間が経過してしまうと避妊の効果が著しく落ちてしまいます。このような場合はジネット35の効果に期待せず、コンドームを使うなど他の避妊方法を実践すべきです。もしニキビの治療薬として服用している場合はそのまま服用を継続して特に問題ありません。

もしジネット35を服用中に飲み忘れた場合は、あとで飲み忘れた分もまとめて服用しようとしてはいけません。期待する効果が出ないだけではなく思わぬ副作用を生じる原因にもなりかねないからです。飲み忘れてから12時間以上が経過している錠剤は破棄しましょう。これらの使い方や特性を正しく理解した上でジネット35を有効活用しましょう。

関連記事
知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について 2019年12月13日

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと言っても聞き慣れないかもしれませんが、これは個人で海外代行している通販サイトのことです。最初だけ購入方法を覚えなければいけないかもしれません...

知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について 2019年12月13日

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと言っても聞き慣れないかもしれませんが、これは個人で海外代行している通販サイトのことです。最初だけ購入方法を覚えなければいけないかもしれません...

避妊を失敗してしまったとき、モーニングアフターピルを服用するタイミング 2020年01月16日

お薬全般に言えることですが、服用するタイミングは重要です。そのなかでもモーニングアフターピルは緊急避妊薬ということもあり、服用するタイミングが特に重要となるお薬です。使用する場合は服用するタイミングに気をつけなければなりません。タイミングを間違えないように注意していきましょう。モーニングアフターピル...

避妊を失敗してしまったとき、モーニングアフターピルを服用するタイミング 2020年01月16日

お薬全般に言えることですが、服用するタイミングは重要です。そのなかでもモーニングアフターピルは緊急避妊薬ということもあり、服用するタイミングが特に重要となるお薬です。使用する場合は服用するタイミングに気をつけなければなりません。タイミングを間違えないように注意していきましょう。モーニングアフターピル...

実際の効果はどんなもの?モーニングアフターピルの持つ力について 2019年12月28日

モーニングアフターピルとは、望まない性交渉やコンドームが破れたり外れてしまったりして避妊に失敗した場合の緊急対応として使用する緊急避妊薬でございます。別名で事後避妊薬と呼ばれることもあります。望まれない妊娠を防ぐために開発されたお薬です。正しく利用すれば100パーセントに近いかなりの高確率で望まれな...

実際の効果はどんなもの?モーニングアフターピルの持つ力について 2019年12月28日

モーニングアフターピルとは、望まない性交渉やコンドームが破れたり外れてしまったりして避妊に失敗した場合の緊急対応として使用する緊急避妊薬でございます。別名で事後避妊薬と呼ばれることもあります。望まれない妊娠を防ぐために開発されたお薬です。正しく利用すれば100パーセントに近いかなりの高確率で望まれな...

ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35 2019年11月27日

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が小柄なアジア人向けに開発されたお薬としても知られています。そのため、日本人も安心して利用しやすいお薬です。ジネット35の外見は薄い黄色の小さ...

ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35 2019年11月27日

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が小柄なアジア人向けに開発されたお薬としても知られています。そのため、日本人も安心して利用しやすいお薬です。ジネット35の外見は薄い黄色の小さ...

低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい 2019年10月27日

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発売されています。そのような状況もあり、今のところ、日本よりもアメリカのほうが低用量ピルは種類が豊富で使いやすいのが現状であります。多くの種類...

低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい 2019年10月27日

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発売されています。そのような状況もあり、今のところ、日本よりもアメリカのほうが低用量ピルは種類が豊富で使いやすいのが現状であります。多くの種類...