カプセル

低用量ピルのジネット35は、主にニキビの治療で用いられるジェネリックのお薬ですが、服用中は経口避妊薬と同様の効果を得られます。そのため、望まない妊娠を防ぐことが可能です。

また、低用量ピルのジネット35は男性ホルモンを抑える働きにも優れています。男性ホルモンの過剰分泌が原因で起きる顔のニキビ、女性の胸や背中などに生えるムダ毛の症状を改善する効果を持っています。これらの効果を出すためには継続的に服用する必要があります。

低用量ピルジネット35を使うメリットとは

低用量ビルのジネット35が密かに人気です。ジネット35は、ダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発した経口避妊薬でございます。分類的には低用量ピルに分類されているようです。他の低用量ピルとの大きな違いとして、欧米人より体格の小さいアジア人を対象にして開発された薬であるということがあげられます。そのため、日本人でも比較的安心して使いやすい低用量ピルと言えるはずです。

ジネット35は、基本的には経口避妊薬ということもあって、原則として女性が使用するためのお薬です。このお薬にはシプロテロンとエチニルエストラジオールという2つの有効成分が入っています。低用量ピルのなかでも比較的、副作用が少ないことでも知られていますが、男性が服用すると生殖機能を破壊して不妊になる可能性があるため注意が必要です。

日本でも欧米ほどではないにせよピルの使用が特別なことではなくなってきています。現状、日本国内ではお手軽に入手できるお薬とは言い難いですが、そのような世の中の流れもあって個人輸入通販サイトを通じて購入している人は多くいるようです。副作用が少なく安全性が高いため、日本でも利用者は比較的多い低用量ピルと言って差し支えないでしょう。

経口避妊薬でありながら、別の効果を持っていることでも注目されているお薬です。まず、大人ニキビの治療薬としても効果があると言われています。ジネット35を継続的に服用することによって、しつこい大人ニキビを治療できた、という体験談もネット上などで多く見かけられます。そのため、大人ニキビの治療薬として服用している人は多くいるようです。そして実際に効果も出ているようです。

大抵の大人ニキビであれば1ヶ月ほどの継続服用で跡形もなくきれいに治ります。多少、大きい大人ニキビでも3ヶ月もあればきれいに治せるようです。大人ニキビで悩んでいる人は多いため、そのような人にとってこの効果は大変メリットがあると言えるでしょう。塗り薬だとせっかく治っても跡が残ってしまう場合がありますが、ジネット35で治した場合はそのような心配もありません。大人ニキビをなかなか治せず悩んでいる人は一度試してみるとよいかもしれません。

また意外なところでバストアップを目的として服用する人も多くいるようです。経口避妊薬でバストアップと言ってもピンとこないかもしれませんが、もともと女性ホルモンを含んでいるお薬であるため、理屈としては正しいようです。実際に継続服用することによってバストアップできたという人の口コミも多数見られます。バストアップを目指している女性は世の中に数多くいると思われるため、その効果があるのであれば、ジネット35を服用するメリットは大きく、要注目のお薬と言うことができるでしょう。女性にとっては、バストアップできるお薬と言うだけで大きなメリットがあると言えそうです。

バストアップ以外にも女性らしいプロポーションを目指して服用する人もいらっしゃるようです。これもバストアップほどではありませんが実際に、体型に変化があった、という口コミが見られました。変わったところだと女性らしいプロポーションになりたい男性が敢えて服用するケースもあるようです。

その他、美肌効果を期待して服用する人もいるようです。これも実際に服用してみて美肌になったという人がいました。これらのことから、女性らしい身体を目指すうえでさまざまなメリットがあると言えそうです。

このように基本的に経口避妊薬ですが、使用するメリットはそれにとどまらず大人ニキビの治療、バストアップ、女性らしいプロポーション作り、美肌効果と多岐にわたるようです。そのため、わざわざ個人輸入通販サイトを通じて購入する人も後をたたないようです。さまざまなメリットを持っているジネット35についてこの機会に詳しく知っておきましょう。

記事一覧
知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について 2019年12月13日

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと...

ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35 2019年11月27日

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が...

ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること 2019年11月10日

通常、ジネット35は経口で服用するお薬ですが、服用する際にはその使い方を事前にしっかり知っておく必要があります。お薬の効果を最大限に発揮するためにも服用を開始す...

低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい 2019年10月27日

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発...

記事一覧
知っておきたい!ダイアン35とジネット35の購入方法について

ダイアン35もジネット35も日本で発売されていないお薬です。これらのお薬を日本で入手するためには個人輸入通販サイトを利用する必要があります。個人輸入通販サイトと...

2019年12月13日
ダイアン35のジェネリック医薬品として開発されたのがジネット35

バイエルシェリング社が開発したダイアン35に対して、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品としてインドのシプラ社が開発したお薬です。欧米人と比べて体格が...

2019年11月27日
ジネット35の使い方で注意したいのは、飲み忘れに気をつけること

通常、ジネット35は経口で服用するお薬ですが、服用する際にはその使い方を事前にしっかり知っておく必要があります。お薬の効果を最大限に発揮するためにも服用を開始す...

2019年11月10日
低用量ピルは日本に比べてアメリカのほうが種類が豊富で使いやすい

低用量ピルという言葉は聞き慣れないかもしれませんが、女性ホルモンの錠剤のことです。日本ではまだまだ認知度が低いかもしれませんが、アメリカには多くの低用量ピルが発...

2019年10月27日